お料理について
旬の素材に板長が腕を振う郷土料理

豊かな山の幸、海の幸を育んできた福島県。

ニュー扇屋では地産地消にこだわり、その季節で
一番おいしい地元の食材を使ったお料理で皆様をお迎えしております。

ご夕食は、お部屋出し。
または御人数様に応じて宴会場でのテーブル会食となります。
ご夕食:18:00〜朝食は会食場でのお食事となります。

ご夕食:18:00〜
ご朝食: 7:30〜8:30

お部屋だし

お部屋出し
お部屋だし

宴会場
お部屋だし

宴会場
丹誠込めた、ニュー扇屋の味
当館では、自然の恵み─温泉の恵みを利用した栄養たっぷりのおんせんたまごなど、
オリジナルの味を大切にしております。

旅館の一角から非常に効能豊かな高温の源泉が湧き出ています。
この源泉を利用してゆでたのが森山のおんせんたまごです。
源泉は炭酸水素塩泉という天然の塩分を含んだ温泉です。
この温泉の天然の塩分がたまごに浸透し、白身はほんのり塩味、黄身は卵本来の甘味とコクが引き立ち、とても風味豊かな味わいです。
原料の卵も衛生管理の行き届いた契約農場の卵のみを使用しております。
温泉にもたまごにもこだわった本物のおんせんたまごです。

ひとくち食べれば、ほのかな香りが口いっぱいに広がります。
冷燻と言う製法で、あまり熱を加えずにつくりました。黄身までやわらかい食感を実現。お塩をベースにしたさっぱりしたやわらか半熟燻製卵。

おんせんたまごの森山

牛肉を塩こしょうで味つけし、しっかりとタコ糸で巻きます。
フライパンでこげ目をつけ、野菜と一緒に袋にいれ真空にし源泉で約1時間茹でます。
やわらかい自慢のローストビーフは、野菜のうまみもギッシリ詰まってジューシーな味わい。

衛生管理の行き届いた契約農場の卵のみを使用しております。
女将自ら新鮮な卵をふんだんにつかい丁寧に作り上げるプリンです。
やさしい甘さが口の中いっぱいに広がります。
ぜひご賞味ください。



地産地消の心
実は、"地産地消"と呼ばれる前から当館では、地元の食材、米、味噌、梅干し、野菜、卵、毎日当たり前のように使用し、口に入れてきたものが、創業以来の"こだわり"として大切にしております。
わたしたちと同じ、大地・水・空気で育った畜産産物は、何より新鮮で安全です。こだわりの食材・地元のものを、おいしく召し上がっていただきたく思います。

先代の女将トヨが糀味噌にこだわり、創業時より地元、荒井の味噌屋さんの味噌を使っています。 最高の原料を用いて、自然の気候に任せて1年かけて熟成したこだわりのお味噌です。 大豆は北海道産「とよまさり」を100パーセント使用。 こうじ米は、ご本人が生産した低農薬(除草剤1回のみ使用)有機米「コシヒカリ」を100パーセント使用し、丹念に手をかけ作り上げ、こうじのよさが生きているお味噌です。 こうじの香味が程よくとけあい、さっぱりとした新鮮なおいしさです。 科学調味料及び着色料等、食品添加物は一切使用しておりません。 自家生産米のみの醸造、限定のお味噌となります。

福島市 二瓶さん、茂木さん。
女将の故郷、山形県南陽市の尾形さんの作るお米を使用しています。生産者の方より、直接購入しております。安心で、おいしいお米です。

二本松市 佐藤さん。
毎年6月、梅の実を庭先で天日干しにし1年分の梅干しを作ます。
昔ながらの製法でつくるしょっぱい梅干しは、無農薬、添加物、保存料もなし。手作りならではの味。